入れ歯・インプラント・ブリッジ
美しさだけでなく、咬み合わせにもこだわるから「長持ちする」

むし歯や歯周病、事故などにより歯を失ってしまった場合、患者様のご希望やお口の状態に合わせて、入れ歯・インプラント・ブリッジで対応します。

咬み合わせを大切に

入れ歯・インプラント・ブリッジは、失われた歯に代わってその役割を果たさなければなりません。見た目のよさだけでなく「咬み合わせ」という機能の回復も大切です。
咬み合わせが悪ければ、特定の歯や歯肉に負担がかかります。歯の異常なすり減り、歯肉の炎症を引き起こしてしまいます。また、顎関節症のリスクも高まります。
咬み合わせを考慮した、高品質の入れ歯・インプラント・ブリッジを提供いたします。

仮歯の重要性

仮歯はいずれ外してしまうものですが、だからといって何でもいいというわけではありません。仮歯は調節が簡単ですので、咬み合わせの保持はもちろん、よりよい咬み合わせへの改善も可能です。
当院では、仮歯を丁寧につくり、仮歯の使用中に得られたデータを本歯の作製に生かしております。

入れ歯

レジン床入義歯

もっとも一般的な保険適用の入れ歯です。床部分をレジン(歯科用プラスチック)でつくります。ある程度の厚みが必要となりますので、装着時には違和感があります。

熱可塑性アクリルレジン義歯

アクリル樹脂を加熱して作製する保険適用の入れ歯です。レジン床義歯に比べて耐久性に優れ、修理もしやすく、永く使用できます。
吸水性が低いので、汚れ・臭いもつきにくくなります。

金属床義歯

床部分を金属でつくる入れ歯です。薄く、違和感も抑えられます。
また、熱伝導性に優れますので、温かいものを温かく、冷たいものを冷たく、おいしく召し上がっていただけます。

磁性アタッチメント義歯

歯根に金属を、入れ歯に磁石を設置し、磁力で固定するので強く噛めます。
口を開けても金属が見えませんので、審美的にも優れています。

O‐リングアタッチメント義歯

歯根に突起を、入れ歯にゴムリングを設置して、ホックのように固定します。
ぴったりと装着でき、強く噛むことができます。
また、口を開けても金属が見えませんので、審美的にも優れています。

インプラントオーバーデンチャー

数本のインプラントを埋入し、それを支えとして固定する入れ歯です。
外れることがなく、もっとも強く噛める入れ歯といえます。違和感もほとんどありません。

ノンクラスプ義歯

留め金がなく、目立たない入れ歯です。柔らかく軽い素材ですので、快適です。
ただし素材の特性上、耐久性に劣ります。

インプラント

インプラントとは、歯を失った箇所に埋め込む人工歯根のことです。顎の骨と連結しているため、安定し、強く噛めます。金具や接合部が見えないため、審美的にも優れます。
また、お食事やブラッシングはご自身の歯と同じように行っていただけます。
定期的にメンテナンスを受けていただければ、長く快適に使用することができます。

当院のインプラント治療

①数多くの実績

当院院長は、これまで数多くのインプラント治療を行ってまいりました。さまざまな状況に安全に対応できる技術と知識があります。

②骨量不足の方にも対応できる技術力

骨の厚みが足りない、骨量が不足している場合でも、サイナスリフト、ソケットリフト、GBR法、骨移植(ボーンクラフト)などの外科処置により、インプラントを安全に埋入できる技術力があります。

③長持ちさせるための積極的な取り組み

インプラントは、骨と直結しているために非常に安定しています。噛める、話せるという点では非常に優れていますが、天然の歯や歯根と比べると柔軟性に欠けるともいえます。つまり、咬み合わせが乱れている場合には周囲の天然歯や歯肉に影響が出やすい、ということです。
当院では、型取りから仮歯の作製、模型での審査を丁寧に行い、徹底的に咬み合わせにこだわります。天然歯や歯肉が受けるダメージを和らげ、お口全体がより長く健康でいられる環境づくりに努めます。

④治療後のメンテナンス

メンテナンスに通う意志がない方にはインプラントをお勧めできません。また、治療後のメンテナンスに通っていただけない方には、当院の5年間保証を適用することができません。それほど、インプラント埋入後のメンテナンスは欠かせないものなのです。
埋入箇所だけでなく、お口全体の健康状態を保つためにも、定期的なメンテナンスにご協力ください。

⑤5年間保証

当院では、保険適用外の診療につきましては5年間保証の制度を設けております。

google+ クリニックブログ 院長ブログ24hネット予約
side_inq.png