歯周病
初期症状を自覚しにくいからこそ、今すぐ予防を始めましょう

成人の約8割が感染しているといわれているのが、歯周病です。初期にはほとんど症状がありません。
自分は大丈夫と思い込まず、定期的に歯科医院で歯周病のチェックを受けましょう。
当院では、歯周病予防・治療のための「スケーリング・ルートプレーニング」を、時間をかけて丁寧に行います。

当院の歯周病治療

歯周病の主な原因であるプラークの発生・歯への付着は、私たちが生活する以上避けられません。いかに除去し、その状態を長持ちさせるかということが大切です。
当院では、医院で行う「スケーリング・ルートプレーニング」「咬み合わせ改善」、ご自宅で行う「正しいホームケアの確立」を基本的な歯周病治療としております。

スケーリング・ルートプレーニング

特殊な器具を用いて歯ブラシでは除去しきれないプラークと歯石をきれいに取り除きます。その後、プラークが付着しにくくなるように歯の表面をつるつるにします。

咬み合わせ改善

咬み合わせが悪いと、ある特定の歯や歯肉に負担がかかります。負担を受けた歯肉は炎症が起こりやすくなりますので、歯周病の進行を加速させます。
歯をわずかに(肉眼ではほとんど分からない程度)削ることで咬み合わせの改善が期待できます。

正しいホームケアの確立

ご自宅でのケアが正しくできていなければ、プラークはすぐに蓄積してしまいます。
ブラッシング方法、フロスの使い方、生活習慣のアドバイスをさせていただきます。

重度の歯周病治療にも対応

歯周病が重度にまで進行すると、歯を支える顎の骨が溶け始めます。歯の脱落に直結する危険な状態です。
こういった場合には、外科処置を伴う治療で歯周病の進行を食い止めます。

フラップオペ

歯肉を切開して歯の根の表面を露出させ、溜まっていたプラークや歯石を徹底的に除去します。縫合の前に歯根の表面のデコボコを平らにするので、プラークの付着予防にもなります。

GTR

歯肉を切開し、清掃した後、顎の骨が溶けてしまった箇所を特殊な人工膜で覆います。清潔に保たれた人工膜の内側で、数カ月かけて骨の再生を促します。

エムドゲイン

歯肉を切開し、清掃した後、骨が溶けてしまったところにエムドゲインゲルを塗り縫合します。縫合した内側では、骨の再生が促されます。

google+ クリニックブログ 院長ブログ24hネット予約
side_inq.png